児童・生徒の自死を防ぐため、学校には何ができるのでしょうか。「すべての子どもの居場所づくり」を掲げた大阪市立大空小学校の初代校長・木村泰子さんを講師に招き、学校づくりや保護者・地域との融合について学ぶウェビナーを開催します。自らの校長経験を基にしたアドバイスや体制作りの注意点、木村さんが管理職としてやり残した課題などについて語っていただきます。(協力・社会応援ネットワーク)

※公開終了後にアーカイブ動画を配信予定です。
※質疑応答の時間もございます。申込時にも質問をご入力いただけます。

イベント登壇者

木村 泰子さん(きむら やすこ、大阪市立大空小学校 初代校長)
大阪生まれ。2006年に開校した大阪市立大空小学校校長を9年間務め、障害の有無にかかわらず「全ての子どもの学習権を保障する」という理念で学校づくりを行う。そのドキュメンタリー映画「みんなの学校」(2015年)が大きな反響を呼んだ。退職後の現在は講演活動やセミナーで全国を飛び回る多忙な日々。『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』(家の光協会)、『10年後の子どもに必要な「見えない学力」の育て方』(青春出版社)など多数の著作がある。

開催概要

日時

2024年8月5日(月)19:30~20:40(予定)

開催形式

Zoomウェビナーによるオンライン開催

対象

学校管理職、教育委員会、教育関係者

参加費

無料

申し込み締め切り

2024年8月5日(月)正午

ご留意事項

お申し込みには、ログインまたは寺子屋会員への登録が必要です。
申込後、入力いただいたメールアドレスにZoomウェビナーに参加するためのURLが送られます。お申込み前に【@asahi.com】ドメインからのメールが受信できる状態にしてください。メールが届かない場合は、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

お問い合わせ

寺子屋朝日 for Teachers「自死を防ぐ学校づくり」問い合わせ窓口までメールにてお問い合わせください。