寺子屋朝日について│寺子屋朝日

Share

寺子屋朝日 について

朝日新聞デジタルをはじめとする
朝日新聞社のwebメディアでは、
教育に関するコンテンツを多数発信しています。
幼児教育からリカレント教育まで、
すべての人の「学び」を応援するため、
教育情報キュレーションサイト
「寺子屋朝日」を開校しました。

編集長ご挨拶

急激な時代の変化が世界を飲み込むなかで、これからの社会を創っていく人材の育成を目指し、戦後最大級の教育改革が始まっています。

現場では、さまざまな斬新な取り組みが実践されていますが、情報洪水のなかでは、なかなか必要としている人に伝わりません。

朝日新聞社は、記事はもちろん、広告や教育関連イベント、進学雑誌などを通じ、日本の教育をみつめ、ともに歩んでまいりました。

その蓄積と経験、信頼感を生かし、このたび、教育、研究の魅力を多くの方、求めている方にお届けするまったく新しいメディアを立ち上げることにいたしました。

一面的なデータやイメージだけでは読み切れない、真の価値を伝えていく力となりたいと願っています。

どうぞ、ご期待ください。

友澤和子
友澤 和子 Kazuko Tomosawa

早稲田大学教育学部卒業、1992年朝日新聞社入社。青森、千葉支局、週刊朝日、AERA編集部などを経て、朝日新聞出版「アエラムック教育編集部」初代部長兼「大学ランキング」編集長。書籍編集部長をつとめた後、15大学と協力して開催した「朝日教育会議2018」をプロデュース。大学生と高校生の二児の母。