GIGAスクール構想で小中学校に配備された「1人1台端末」は、学校によっては子どもたちの持ち帰り利用が本格化し、学校でも家庭学習でも、身近な道具として力を発揮し始めていることでしょう。あとは、子どもの学びを促したり、支えたりする先生たちがこの道具とどう向き合うか。ICT(情報通信技術)に精通している人も、そうでない人もいる点は、どんな会社や組織も変わりません。教員間の得手不得手の差を縮める努力が続けられています。   

 

東京都墨田区の区立寺島中学校に生徒1人1台のiPadの端末が配備されたのは今年1月。GIGAスクール構想が始まった4月からは毎日、端末の自宅への持ち帰りも始めた。学校に保管庫はなく、基本的に個人で管理することにしている。 

転任したての先生らサポート

同校の授業では、教材配布やアンケート、回答の共有などの機能を持つアプリ「ロイロノート・スクール」を使っている。端末導入に先立って昨年度、同校のICTリーダーだった佐藤圭介先生(36)が、ロイロノートを使うためのクラス設定などの準備作業を担った。授業での活用についても、どんな使い方ができるか試行錯誤しながら、他の先生たちに伝えていったという。

しかし、佐藤先生のように端末の操作やアプリの活用の仕方に通じている先生たちばかりではない。特にロイロノートは、他の区から転入してきた先生にとっては初めて使うケースも多く、年度初めは使い慣れている先生との差が大きかった。同校はこの点を踏まえて慣れていない先生へのサポートを重視し、7月にはICTを活用した研究授業が各学年と特別支援学級に分かれて行われた。

今年度のICTリーダーの吉羽駿介先生(手前右)と昨年度のリーダーの佐藤圭介先生=墨田区立寺島中学校

今年度のICTリーダーの吉羽駿介先生(26)は「他にも職員会議の時に時間をもらって使い方をお伝えしたり、わからないことに個別にお答えしたりしています」。自らは担当の社会科で、これまでプリントを配布していた資料を、より鮮明なiPadの共有画像に替えて見せる、生徒それぞれの考えを瞬時に集約して意見交換に役立てる、といった使い方をしているという。 

「ICTに使われている」

今年度採用になった先生の一人は、iPadを使うのも初めてのことだった。それでも授業では個人やグループの意見を生徒に入力させ、まずは話し合いやまとめを行う際の材料として利用している。意見交換が活発になるよう、授業の中で生徒どうしがコメントを送信し合うことも試みている。

7月に見学した技術・家庭の技術分野の研究授業で、担当の先生は木材加工の組み立て方を示したロイロノートのスライドを大型モニターに表示していた。生徒たちがそれを見ながらイメージを固め、その後の作業をスムーズに進める様子を目にして、必要な情報を過不足なく適切なタイミングで使うことが大切だと気づいたという。

研究授業の後、学年などに分かれ、端末の活用について話し合う教員たち=墨田区立寺島中学校

まだ端末の使用や電子黒板との連携に慣れていないため、準備に時間がかかったり、エラーの対応に手間取ったりすることで時間をロスしてしまいがちなことが悩みだ。「ICTを使うというより、まだICTに使われているのが現状。端末を効果的に生かせる指導内容なのかどうかを見極めて使う必要があると思います」と話す。 

意見発表が苦手な子にも有効

7月の研究授業では、授業の後で先生が集まって意見交換する研究協議会も行われた。「視覚化されることで授業がわかりやすいと感じる生徒も多かったように見えた」「学力が高くない生徒が、タブレットを使うことで仲間と協力して頑張ることができていたのが印象的だった」「意見発表が難しい生徒にとって(意見を打ち込んで伝えられる)ロイロノートは有効な話し合いの手段だと思う」といった意見が出た。

研究授業の後、学年などに分かれ、端末の活用について話し合う教員たち=墨田区立寺島中学校

情報共有や意見発表にデジタルを生かす新たな手法と、顔を付き合わせて話し合うなどアナログな手法の両方を効果的に組み合わせて授業を進めることが、これからの教員の課題――。研究授業のとりまとめにあたる研究主任の先生はそう締めくくった。