「GIGAスクール構想」で、全国の公立学校に一律で1人1台端末を整備する対象とならなかったのが高校でした。都道府県などが整備の費用を負担した地域、保護者が負担した地域などのほか、整備するかまだ検討中という県もあり、千差万別です。個人の端末を学校で利用するBYOD(Bring Your Own Device)をスマートフォンで実施している千葉県のある県立高校の取り組みを2回にわたってお伝えします。   

 

千葉市美浜区の県立検見川高校は、GIGAスクール構想に先駆けて独自の回線をすべての教室や図書室などに整備し、2020年4月から使えるようになった。これを生かして全校あげて始めたのが、予備校講師の授業を視聴できる「スタディサプリ」の活用だ。授業を補う学習と位置づけ、始業前の毎朝10分間、生徒は自分のスマホを接続して視聴している。1人約6千円の費用は保護者に負担してもらった。 

自分のスマートフォンでスタディサプリなどの朝学習に取り組む生徒たち=千葉県立検見川高校提供

「スタサプ」学校でも家庭でも

予備校に通う生徒がテキストを取り出して勉強する自習時間も、通っていない生徒が手持ちぶさたにならなくなり、学ぶ機会の差が縮まったように感じている教員もいる。校内なら通信料を気にせずに勉強できるが、家庭でも使っている生徒は多いという。

学習だけではない。ビデオ会議やファイル共有ができるコミュニケーションツール「Microsoft Teams」(マイクロソフト チームズ)を通じ、平日の朝8時ごろにはホームルームの連絡事項を生徒に配信している。その作業は学年の担当教員が行うが、共同編集ができる入力にはより多くの教員が関わる。行事に関する係の招集、模擬試験の申し込みのお知らせ、小テストの予告など、内容が学校生活全般にわたるためだ。生徒にとっては、こうしたことを把握した上で午前8時35分に始まる朝のホームルームを迎えられることになる。

スマートフォンは調べ学習でも使われている=千葉県立検見川高校提供

連絡事項を共有できるメリットは、教員にとっても大きい。朝の教員間の打ち合わせはホームルーム前の8時20分に始まるが、これまでは互いに説明するのに時間がかかって後ろにずれ込み、ホームルームの開始時間を過ぎてしまいがちだった。配信を始めてからは遅れがほぼ解消され、生徒に向き合う時間が確保できるようになったという。 

教員にも情報共有のメリット

チームズでのメッセージ配信は、クラスや学年全体、全校一斉などのほか、たとえばある選択科目を取っている生徒と担当教員だけのチームを作って対象を絞ることもできる。この仕組みを使って提出物を出す期限を知らせる、授業の予定変更を伝えるといった連絡も教科ごとも頻繁に行われる。生徒のスマホ利用について、授業の際に不要な操作をしないよう指導する以外に制限せず、自主性に任せているからこその利用法でもある。

同校で理科を受け持つ40代の教諭の場合、所属するチームは、担任を務めるクラス、担当科目の物理を取っている生徒、ゼミや部活動、3年生教員全員、学習指導部の教員など10以上にのぼる。同じ物理を取っている生徒でも、クラスが二つに分かれていればチームも別にする。課題を送るタイミングが異なることもあるからだ。

臨時休校中はオンラインでホームルームを開いた=千葉県立検見川高校提供

しかし、すべてをチームズに頼るわけではなく、とりわけホームルームで直接やりとりする時間は大切にしているという。「後でスマホを見ればいいから、と生徒がホームルームを聞かなくなってしまってはいけない。きちんと話を聞くことは大切なので、ポンと送りたいのを我慢することもある」と明かす。 

「学びのチャンス広がる」

いち早く整った通信環境が、大いに実践に生かされる場面は今年1月に訪れた。新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生に伴い、9日間の臨時休校中の対応を迫られたときだった。

休校に入った当日は生徒に出す課題の準備に追われたが、数日後にはクラスごとにチームズでホームルームを開いて連絡事項を伝えた後、ライブ配信を中心に2コマ分の授業をした。全校でのオンライン授業は初めてで、接続が集中したせいか、音声は聞こえても画像がスムーズに動かなくなる不具合が発生した。改善の道を探った結果、音声はそのまま流しつつ、あらかじめプレゼンテーションソフト「Power Point」(パワーポイント」で作っておいた資料を提示する方法ならうまくいくことがわかった。

臨時休校中、授業のライブ配信に取り組む教員=千葉県立検見川高校提供

この先生も、パワポの資料を示しながら授業をするやり方を採った。傍らにパソコンを置き、生徒からどう見えているのかを確かめながら進めたという。「物理基礎」の科目では、キログラムやメートルといった単位の話題を取り上げた。通常の授業の流れとは切り離したものだったが、大事なのでどこかで扱いたいとあたためていたテーマだった。1人でも視聴できない生徒がいたら、もう1回やらないといけないが、ふたを開けてみればみんな参加していたという。

「オンラインでもできることはたくさんあり、生徒が学べるチャンスを生かすことができてよかった、と思いました」と振り返る。休校に伴って担当科目の授業が遅れることはなかったという。