全国の高校でのGIGAスクール構想による「1人1台端末」の整備状況を、ICT(情報通信技術)分野の調査会社、MM総研(東京都港区)が調査しました。国公立高校の全生徒数に対する配備済み台数の割合は47%で半分に満たず、直近7カ月では3㌽増にとどまっています。専門家は、端末を含むICT環境の必要性について、高校関係者のさらなる理解を得る努力が必要だと指摘しています。

 

MM総研は、中高一貫校後期課程を含めたすべての国公立・私立高校5007校を対象に、2021年10月末時点での端末やネットワークの整備状況を電話でアンケートし、2043校が回答した。

「1人1台」完了は3分の1 

その結果、国公立高校では、生徒数に対する配備済み台数の割合である端末配備率は47%で、同社が都道府県教育委員会に行った3月時点での調査結果(44%)から3㌽増えたのにとどまった。また学校単位で「1人1台」を完了している高校は、国公立では33%、私立では35%だった。首都圏など大都市では、配備率は私立で高く、国公立では低い傾向だった。私立の配備率は東京、大阪、名古屋の各圏域では7~8割にのぼり、それ以外の地域と二極化していた。

高校のGIGA端末配備率
MM総研(東京・港区)の調査結果から作成

公立に限ってみると、文部科学省が21年8月時点でまとめた端末整備状況では、端末の整備を公費でまかなうのが18府県、保護者負担を原則とするのが21都道府県、検討中が8県だった。今回の調査と重ね合わせると、公費で負担する府県では配備率が高いという傾向がみられた。配備率100%は群馬県や富山県、徳島県、佐賀県など10県あったが、これらはいずれも公費を利用していた。一方、保護者負担を原則としていた府県では配備率が低い傾向がみられ、このうち最も高い茨城県でも56%だった。

GIGAスクール構想はクラウド利用を前提としているため、推進にあたってはインターネットへの接続環境の整備が重要となる。そこで、普通教室でのネットへの接続品質をどう受け止めているかを尋ねると、国公立では全体の23%が「不満あり」と答え、私立の8%の3倍近くにのぼった。「つながりにくい」「回線速度が遅く動画などが活用できない」といった意見も寄せられたという。

今後の「1人1台」の実現を見据え、現行の回線をどうすべきかを尋ねた質問では、「見直す必要がある」と答えた高校が53%を占めた。国公立(53%)と私立(50%)の間で、大きな差はみられなかった。

都道府県別更新版
MM総研(東京・港区)の調査結果から作成

   ◇

この結果をどうみるべきか。文部科学省の有識者会議委員などを務める高橋純・東京学芸大准教授(教育工学)に聞いた。

高校の先生や、生徒以外の高校関係者が、コンピューターをそれほど必要と感じていない、ということではないでしょうか。私立の先生からは、高い授業料をいただいているので、さらにお金をかけられない、という声を聞きますが、それでも要ると思えばそろえるはずです。必要性を理解してもらえる努力がさらに求められます。いずれ大学と同じような感覚になることでしょう。

高橋純・東京学芸大准教授
高橋純・東京学芸大准教授

高校の場合、学ぶ内容も、興味や関心も、小中学校と比べればずっと多様です。情報関係をはじめ、様々な分野を専門的に学んでいる生徒もいる。動画をしっかり勉強しようと思うなら、小中学校で使っている4万5千円の機種では難しいです。だから、この機種にしよう、と一律に決めにくい面もあります。それぞれに適した機種を高校ごとに選ぶなど進め方はいろいろあるでしょうが、その合意形成に時間がかかっているのかもしれません。

小中では脱「一斉授業」も

小中学校では、GIGAスクール構想に基づいた学びを続けるうちに、子どもたちがすごく変わった学校があります。これまでより進んだ主体的な学習が起こったのです。ただ、それにはいくつか条件があります。メールやチャットも自在に使わせ、あれはダメ、これも禁止、とはしない。子どもはいろんな工夫を始め、それを見た先生もやり方を変えていく。そうしたことが何度か行き来して、気がつくと、自らミッションを持ち、それぞれのペースで勉強をする授業になっていました。授業が「一斉」から脱却し始めているのです。

教室でPCを使う

これだけコンピューターが普及したいま、中古品も出回っています。そう言うと「中古だと故障して授業で使えなくなったら困る」という話になる。でもそれは、一斉授業のイメージが強いからではないでしょうか。それぞれのペースで勉強する形ができれば、多少故障しても授業を進めることができます。一斉授業を崩したくないとしたら、穴埋め問題の入試を突破するための知識伝達型の授業を超えて、自ら課題を見いだし解決へと導く力を育む授業へ、学習指導観の転換が図られていない、ということなのかもしれません。

インターネットへの接続環境は今、水道にたとえれば蛇口をひねってもちょろちょろとしか出ないところがある、という状態です。まだ多くの学校で顔を洗うくらいしか使っていないけれど、利用の本格化に伴ってますます大きな問題になっていきます。時間がかかっても改善しなければなりません。

コンピューターを配備して使えば、使わない高校と比べて大学に合格しやすい、といった明確な差は出ないかもしれません。でもコンピューターは今や、図書館で本を探すにも必要です。ペンや手帳のように当たり前に使いこなし、知識や技能をどんどんアップデートさせることが常に求められています。そんな時代に、コンピューターも当たり前に活用した勉強の仕方を身につける機会が失われているとしたら大きな損失です。

高校生だったら、自分に合った機種を自ら選んでもいい。高校は将来の進路と直結しているのですから、一人ひとりに寄り添い、それぞれのニーズに応じた学びを重ねられるよう、コンピューターを上手に使ってほしいと思っています。 

たかはし・じゅん 1972年、神奈川県生まれ。富山大准教授などを経て現職。中央教育審議会臨時委員、文部科学省「GIGAスクール構想に基づく1人1台端末の円滑な利活用に関する調査協力者会議」委員などを務める。著書に「はじめての授業のデジタルトランスフォーメーション」(東洋館出版社)などがある。