ファシリテーション能力を身につけ、伸ばすには、実際に自ら体験することが必要です。そこで少人数のワークショップ形式の勉強会「今こそ知りたい 教育ファシリテーション実践編」を計4回のシリーズとして開催します。724日に開く第2回のテーマは、「対話」。元高校教員で、日本ファシリテーション協会理事の柿原寿人さんを講師に迎え、「対話とは何か」、実践事例を交えながら、ワークショップを通じて考えていきます。

講師

柿原寿人さん(かきはら ひさと 元高校教員、日本ファシリテーション協会理事)

公立高校・私立高校の教員として、英語教育、キャリア教育、校内ICT推進等に従事。福岡女学院中学校高等学校では、総合的な探究の時間「凛として、花一凛プロジェクト」のカリキュラムデザインおよびプロジェクトリーダーを務め、そのカリキュラムで探究活動を行ったチームが、ビジネスプランを発表する全国大会に出場。2023年3月に退職し、現在は、「株式会社プロジェクトデザイン」にて、企業や学校へ主体的な学びを届けている。

開催概要

日時

2024年7月24日(火)20:00~21:30(予定)

開催形式

Zoomミーティングによるオンライン開催

対象

現役の教職員

参加費

無料

募集人数

50人(先着順)

応募締め切り

定員に達し次第締め切り

ご留意事項

・「今こそ知りたい 教育ファシリテーション実践編」シリーズは、アーカイブ配信はありません。

・ワークショップ中心の参加型のセミナーとなります。

・開催中は、原則カメラオンでのご参加をお願いします。

・お申し込みには、ログインまたは寺子屋会員への登録が必要です。
申込後、入力いただいたメールアドレスにZoomウェビナーに参加するためのURLが送られます。お申込み前に【@asahi.com】ドメインからのメールが受信できる状態にしてください。メールが届かない場合は、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

お問い合わせ

寺子屋朝日 for Teachers「今こそ知りたい 教育ファシリテーションの実践編(対話)」問い合わせ窓口までメールにてお問い合わせください。