「GIGAスクール構想」が始まって7カ月ですが、1人1台配備された端末の本格的な活用はこれから、という学校もあるのではないでしょうか。そこで、すぐにでも使えそうな活用例をお伝えします。文部科学省が公表している事例に、担当者への取材を盛り込んでまとめました。   

Googleの「スライド」など共同編集機能があるプレゼンテーションソフトを使う作業では、それぞれの考えを共有できる一方、友だちの考えが見えてしまうために1人でじっくり考えることが妨げられてしまうおそれがある。そこで、あえて友だちと共有しない時間を作る方法の一つが、「自分だけのスライドと共有するスライドの使い分け」だ。

使うのはプレゼンソフトとファイル共有機能だけ。GIGA端末のどのOS(オペレーティングシステム)にも付いている標準仕様のものだ。 

各自ダウンロード、オフラインで作業

写真の事例は小学2年生の算数で、たくさんの数の数え方を学習しているところ。先生はまず、ボール型のチョコレートが「工」の字形にたくさん並んだシートを用意し、数え方を考えるよう指示する。その際、子どもたちにはシートを収めたフォルダーのありかを伝え、「自分でアクセスしてシートを取りに行ってね」などと求めたとみられる。

4×4
シート上のたくさんのチョコレートをうまく数えられるよう、何度も並べ替えを試す。真ん中にたて、横4個ずつ並んでいたが、うち3個はどこかに移動してしまったようだ=出典は文部科学省ホームページ (https://www.mext.go.jp/)

子どもたちは自分の端末にシートをダウンロードすると、チョコレートを数えやすいように並べ替えるなどの作業をオフラインで行う。この場面で画面共有せず、1人ひとりで取り組むのがポイントだ。いくつもの方法を考えようと、シートを何枚かコピーする子もいる。

個人での作業を終えたら、「提出箱」などと名付けて作っておいたフォルダーに投稿してもらう。先生がだれかのシートを大きなモニターに映してみんなで見てもいいし、友だちどうしそれぞれのシートを見に行くこともできる。 

送信
ある程度自分ひとりで考えてから送信。先生が指定したフォルダーにいろいろな数え方が集まる=出典は文部科学省ホームページ (https://www.mext.go.jp/)

人に影響されず試行錯誤させる

この問題では、並べ替えのやり方次第でかけ算九九がわかれば簡単に数えられるが、この子たちはまだ6の段まで習っていなかった。それまで学習したことをどう生かしたら数えられるか、まずは人に影響されずに試行錯誤させることがこの先生の意図だったという。

共有後は友だちのスライドに「いいね」などのアクションを付けられる。どんな点を「いいね」と思ったのか問い返すことで、課題解決への道筋をさらに深く考えてもらうこともできそうだ。 

並べ替えに「いいね」
友だちどうしでアイデアを共有する。自分で思いつかなかったやり方に触れられることもある=出典は文部科学省ホームページ (https://www.mext.go.jp/)

コメント機能通じ学び合い

もう一つ紹介したいのが、ワード(Microsoft)などの文書作成ソフトとそのコメント機能を使う「コメント機能を活用した学び合いの活性化」だ。

文科省が公表している事例では、中学生が調べ学習での自分の学習計画を作成している。まず情報を集め、プレゼンソフトにまとめ、最後にプレゼンする、などと書く子がいれば、情報集めはだいたい終わり、その整理から始めるという子もいる。学校内外のイベントへの感想を書いてもらうなど、個々の違いがさらに表れやすい取り組みにも応用できる。

中学生が学び合い
友だちが作った学習計画を見て、いいと思った点などのコメントを入力し合う=出典は文部科学省ホームページ (https://www.mext.go.jp/)

できた文書はグループ間で共有し、良いところや質問、改善案などのコメントをお互いに入力する。多くの意見が集まれば、自分の計画の強みや改善したほうがいい点を理解しやすい。

だれかが自分の計画を口頭で紹介し、他の人に意見を述べてもらうのが、ICTを使わない従来のやり方。取り上げる事例も限られ、議論する時間も足りなくなりがちだった。コメント機能を使ってそれぞれが気になった事例に同時進行で入力していけば、より多くの事例に意見が集まる。効率的に意見集約できることで、その分活発な議論も期待できる。 

  ◇

取り上げたICT活用事例は、文部科学省の特設ウェブサイト「StuDX Style」(スタディーエックススタイル、https://www.mext.go.jp/studxstyle/)に掲載されている。発信しているのは、GIGAスクール構想の端末やネットワークを積極的に活用してもらおうと省内に設置された「GIGA StuDX推進チーム」だ。4月には全国の教員8人が加わって増強された。都道府県教育委員会などとやりとりして課題などを共有するほか、端末の活用に関する情報をタイムリーに提供する「GIGA StuDXメールマガジン」も配信中。