学校教育法が改正され、2019年4月から「デジタル教科書」が学校で使えるようになりました。 GIGAスクール構想でICT環境が整う中、本年度は全小中学校に英語分が無償提供され、紙の教科書との併用のあり方などを考える実証事業が進んでいます。 2024年度に本格導入が見込まれるデジタル教科書と、どのように向き合っていけばいいいのでしょうか。 その基礎知識や学習効果を高める活用事例、導入に向けた展望や課題などについて、専門家にお話しいただきます。 また、現職教員の方にも、デジタル教科書を活用した感想などについてお話しいただきます。マイク・カメラオフでお気軽にご視聴いただけますので、是非お気軽にご参加ください。

デジタル教科書、どう向き合う? 基礎知識や活用事例、今後の展望について

イベント登壇者

中川一史先生(放送大学教授)

放送大学教授、博士(情報学)。日本STEM教育学会副会長。 中央教育審議会初等中等教育分科会「個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に向けた学校教育の在り方に関する特別部会」(委員)、内閣府「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」(座長代理)、文部科学省委託「デジタル教科書の効果・影響等に関する実証研究事業」有識者会議(主査)などを歴任。 全国の自治体や学校のICT活用や情報活用能力育成の指導・助言にあたる。

ゲストコメンテーター 浦部文也先生(横浜市立荏子田小学校教諭)

開催日時

8月26日(木)19:00~20:15

対象

小中高校・大学教職員、教育委員会、教育関係者

参加費

無料 
※寺子屋会員への登録が必要です。
※会員登録がまだの方は会員登録後、応募フォームよりお申し込みください。
(会員登録だけでは、ウェビナーへの申込は完了しません。)

定員

先着500名

申込締め切り

2022年8月25日(木)18:00 

お問い合わせ

寺子屋朝日 for Teachers お問い合わせ窓口までメールにてお問い合わせください。